技術情報

冬期バリアフリー化に寄与する凍結抑制舗装

ツインメルトペーブE

  • 交差点手前
  • 住宅地内道路
  • 急カーブ
  • 車道

ツインメルトペーブEは、アスファルト混合物に添加したゴムチップと非塩化物系の凍結抑制剤の効果により、冬季の路面に発生するアイスバーンを容易に剥離し、スリップ事故の軽減を目指す物理化学系の凍結抑制舗装です。

その他の凍結抑制舗装はこちらをご覧ください。
※グルービングウレタン工法はこちら/薄層シングルメルトはこちら

カタログダウンロード(PDF)

 

特長

  • 01

    冬季走行安全性の向上

    降雪直後の路面の凍結を抑制し、寒冷地域のドライバーの冬季走行安全性が向上します。

  • 02

    凍結抑制効果

    路面上を車両が走行すると、表面のゴムチップがたわみ、アイスバーンが形成され難くなります。また、凍結抑制剤の溶出により、車両走行が無い場合にも効果を発揮できます。
  • 03

    周辺環境への配慮

    金属腐食性がなく、人体に無害な非塩化物系凍結抑制剤を使用しているため、周囲のガードレール、標識の支柱など金属製構造物に錆びや腐食が起きにくく、環境に優しい工法です。


ツインメルトペーブEのイメージ図

 


ゴムチップの効果

 


凍結抑制剤の溶出

 


通常のアスファルト舗装と本工法の比較