技術情報

簡易路上表層再生工法

ヒートスティック工法

  • 車道
  • 軽交通車道
  • 農道

ヒートスティック工法は、ロードヒータ車を使った簡易路上表層再生工法で、主に軽交通路線対象のアスファルト舗装の美観・走行感の改善を目的とした維持工法です。
埋設工事の復旧跡やパッチング等による段差の改修に適した、安価で廃材が発生しない環境に優しい工法です。
ヒートスティック工法による凍結抑制舗装は、こちらをご覧ください。

カタログダウンロード(PDF)

 

特長

  • 01

    美観・走行感の改善

    パッチング跡や埋設工事の仮復旧の段差、軽微なひび割れの解消が図れ、平たん性が改善されます。
    注)亀甲状ひびわれのような、構造的な破損が発生している箇所への適用は困難です。

  • 02

    CO2排出量の抑制

    切削オーバーレイ工法に比べCO2排出量を約40%(試算)低減できる環境に優しい工法です。
  • 03

    当社独自のロードヒータ車

    路面加熱にはロードヒータ車を使用します。 熱風炉で発生した熱風を路面に吹付け、循環させるクローズドシステムなので、 外部への熱の散逸が少なく、安全に作業ができます。 また、舗装表面の燃焼による発煙やアスファルトの劣化が抑えられます。
  • 04

    省資源・低コスト

    新材使用量が少なく、かつ、廃材が発生しないことで、安価な施工を実現しています。