技術情報

加熱混合型自然色舗装

クリーングラベル工法

  • 公園、遊歩道
  • 広場
  • 建築外構
  • 歩道

天然砂利や山砂(真砂土)を骨材とし、脱色バインダ(アスファルトと同等の性状の石油樹脂)を用いた混合物を厚さ30~40mm程度に舗装するもので、骨材の色を自然な形で生かした加熱混合タイプの自然色舗装です。歩道や人々が集まる広場などの空間を彩る景観舗装となります。

カタログダウンロード(PDF)

 

特長

  • 01

    自然の風合い

    天然砂利の自然の風味を生かした景観舗装です。少量の顔料を添加してより鮮やかにすることも可能です。

  • 02

    地域色の演出

    骨材はその地域で生産される、有色あるいは白色の骨材を用いますので、ローカルカラーあふれる舗装になります。

クリーングラベル工法 特徴