© KAJIMAROAD CO.,LTD. All Rights Reserved.

業界で活躍する
機電技術者を増やしたい

技術系-機械
機械センター

野田 哲也

2008年度入社/農業土木科

業界で活躍する
機電技術者を増やしたい

技術系-機械
機械センター

野田 哲也

2008年度入社/農業土木科

入社のきっかけ

 機電の技術者として入社しましたが、土木科にいた学生時代には専門的に機械について学んだことはありません。ただ元々、機械に興味があり、農家である実家のトラクターを乗り回すことが好きでした。そんな中、学校の推薦で機械センターのオペレーターという職種があることを知り、その募集をしていた鹿島道路の入社試験を受けようと思いました。会社を見学したとき、初めて見る機械がすごくたくさんあったことが魅力的で、それが入社の決め手です。
 機械について詳しいことは何も知らなかったので、入社してから勉強し、図面や改良図を見たり、現場での体験を通じて学んだりして知識を身に付けました。建設業社の中に機電技術者がいることは珍しく、自分自身も入社して初めて知ったほどでした。人数が少ない立場にありますが、現場を管理する工事の方とは違った目線で意見が言えることが機電技術者の強みであり、信頼を得られればやりがいも感じられます。

今、取り組んでいる仕事は?

 今は機械部の開発設計課という部署で、主に現場で使う機械の開発システムの制作や、現場支援システムの使い方の指導をしています。指導は、実際に全国各地の現場に足を運んで行っています。現場にいない時は、システム開発のために図面作成や検証報告書作成をしています。
 今の部署に入ってからは2年程で、それ以前の入社してからの10年間は土木現場で大型の機械に乗って現場支援をしていたのですが、病気をきっかけに屋外での重労働ができなくなった時、開発設計課に異動しました。開発システムは、作り終えたら完成というわけではなく、現場の人たちが使って初めてその評価がわかるものです。現場支援から開発設計課に移った人は少ないので、現場視点の意見を出すことで貢献できていると思っています。

1番印象に残っている仕事は?

 入社して3年目くらいに、羽田空港のD滑走路の新設に携わらせてもらったことが印象的でした。大規模な仕事で、当時まだ技術者としての知識はまだ浅かった私にとっては、とにかくとても大変だったという思い出ばかりが残る工事でした。それでも、その苦労を乗り越えてあの滑走路を作ったのだということが、大きな自信になり、今でも羽田空港を利用するたびに思い出すほど印象深い仕事でした。
 開発課の仕事としては、現在ショベルカーなどの重機に自動ブレーキをつけられないか開発を進めることに熱中しています。現在、自動車等にはどんどん自動ブレーキや安全装置が搭載されることが当たり前になりつつありますが、建設現場ではまだそういった装置はありません。大型の重機には死角が多く、また作業に集中してしまうとますます周りが見えにくくなるので、事故を減らすために一刻も早い自動ブレーキの導入が望まれています。障害物を認識して自動でブレーキがかかる仕組みや、人がいることを検知してブザー鳴らす装置など、現在様々な仕組みが開発段階にあります。

鹿島道路の魅力って何?

 もともと機械を動かすことが好きで、現場で機電技術者として働くことにやりがいを感じていたので、病気になってしまい治療後にも元の仕事に戻れなくなってしまったことがショックでした。そんな時、開発課の仕事をやってみないかと声をかけられ仕事をしてみたところ、自分が現場にいたころ「こうなったら良いのに」と考えていたことを実現することができる場所だと思い自分で希望を出して移動しました。不安な時に相談に乗ってもらえて、またやりがいのある部署で働くことができるところが、会社の魅力だと思います。
 開発の仕事は様々な人の協力が不可欠で、上司の方や同じ部署の仲間とは色々細かく打ち合わせし、常に情報を共有することが必要となります。私も、行き詰ったときにはできるだけ一人で抱え込まず、すぐに仲間に声をかけるよう心掛けていて、快く相談に乗ってもらえる今の環境はとても働きやすいと思っています。

今後の目標を教えてください。

 建設業界にはまだまだ機電技術者が少ないので、仕事の魅力を伝えて一緒に働ける人を増やしたいです。機電技術者は、現場に行くことが多く様々な経験やスキルを積むことができますし、電気機械を動かすことを通じて、色々な刺激を受けて知識を蓄え、成長できることもできる魅力のある仕事だと思います。
 機電技術者が増え、開発がさらに進んだ将来、ゆくゆくは重機が自動で動いて工事を進めるような未来がくるのではないかと夢見ています。既に、作業場所が広い現場では、プログラムを組んで無人化状態で施工をする場合がありますが、狭い場所や機械の種類によっては導入が難しいことが多いです。機電技術者は、建設現場の自動化や、より安全な現場を作っていくために大きなカギを握っていると思っています。 

社員インタビューTOPへ

Recruit

採用情報

鹿島道路では、
皆さんが活躍できる多彩な職種を募集しています。